Googleアナリティクスの登録方法と使い方を解説!自分のアクセスを除外する方法も!

こんにちは、アサです。

ブログ運営に関する体験談を書き記しておこうと思い、「WordPress」というカテゴリーを作り、少しずつ記事を追加しています。

このカテゴリーでは、ブログ運営やWordPressに関することを発信していきたいと思っています。

ニャン

その土台となっているのが下の記事だよ!

サーバー選びからGoogleアドセンス審査合格までのことを大まかに書いています。この記事に詳細記事や関連記事を追加していこうと思っています。

ワン

今回はどんな記事を書くの?

アサ

今回はGoogleアナリティクスのことについて書こうと思ってるよ!

では早速、Googleアナリティクスとは何かを解説するとともに、登録方法や使い方、自分のアクセスを除外する方法など、Googleアナリティクスに関することをご紹介していきたいと思います。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

ブログやサイトを運営していると、サイトの訪問数が知りたい、訪問者がどこから来たのか知りたい、デバイスはスマホなのかパソコンなのか知りたい、と思うことがありますよね。

Googleアナリティクスを導入すると、それらのことが計測できるようになります。

データを計測するためには、トラッキングコードをページに組み込む必要があります。詳しくは登録方法のところの「トラッキングコードを設置する」でご紹介しますので、ここでは仕組みだけを簡単に説明しておきます。

トラッキングコードを組み込むと、ユーザーがページにアクセスした時にこのコードが実行され、Googleのサーバーにデータが蓄積されます。そのデータをGoogleアナリティクスで計測しています。

そして、データを見ることで、自分のサイトの弱い部分や強い部分が見えてきます。

例えば、サイトの訪問者数は多いけれど、SNSからのサイト流入が少なかった場合、SNSに力を入れたらもっと訪問者数が伸びるのではないか、と考えることができますね。

このようにデータをチェックすることで、いろいろな改善点が見えてきます。

Googleアナリティクスには無料版と有料版がありますが、無料版でも十分なほど高機能なので、基本的には無料版で大丈夫だと思います。

ニャン

このサイトも無料版でアクセス解析してるよ!

Googleアナリティクスの登録方法

それでは、Googleアナリティクスの登録方法をご紹介していきたいと思います。とても簡単なので、導入を考えている方は、以下の手順に従って登録してみてください。

1.Googleアカウントを作成する

Googleアナリティクスを導入するには、Googleアカウントが必要です。

Googleアカウントを持っていない方やプライベートで使用しているアカウントを使いたくないという方は、新しく作成しましょう。

2.Googleアナリティクスアカウントを作成する

次にGoogleアナリティクスに新しく作成したGoogleアカウントもしくは既存のGoogleアカウントでログインします。ログインすると申し込み画面になるので、「お申し込み」をクリックします。

登録画面になるので、『アカウント名』『ウェブサイト名』『ウェブサイトのURL』などの必要事項を入力し、最後に『トラッキングIDを取得』をクリックします。

すると、「Googleアナリティクス利用規約」が出てくるので、それに同意しましょう。これで登録は完了です。トラッキングIDが発行されるので控えておきましょう。

3.トラッキングコードを設置する

Googleアナリティクスにログインして、「管理」→「プロパティ」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」という順に選択します。

すると、トラッキングコードが表示されるので、それをコピーします。次にWordPressの管理画面の左メニューにある「外観」→「テーマの編集」→右端にある「テーマヘッダー(header.php)」をクリックします。

ヘッダーのソースコードが表示されるので、その中から</head>タグを探します。見つかったら、先ほどコピーしたトラッキングコードを</head>タグの直前に貼り付けます。

最後に「ファイルの更新」をクリックします。これで完了です。

アサ

ちなみに私が使用しているWordPressテーマ「Lightning」では、トラッキングIDを入力するだけで導入することができるので、上記のようにトラッキングコードをWordPressの編集画面に直接貼り付ける必要はありません

ワン

「All in One SEO」というプラグインを使用している人も、トラッキングIDを入力するだけでいいよ

Googleアナリティクスの使い方

ここからはGoogleアナリティクスの使い方をご紹介していきたいと思います。Googleアナリティクスには項目がたくさんありますが、初期の段階でチェックすべき項目は3つだけです。

1.ユーザーに関するデータを見ることができる「ユーザー」メニュー

まずはユーザーメニューです。「概要」をクリックすると、サイト全体の訪問者数を確認することができます。その他にもページビュー数、滞在時間、直帰率、離脱率などをチェックすることができます。

「モバイル」をクリックすると、ユーザーが使用しているデバイスが確認できます。パソコンユーザーが多いのか、それともスマホユーザーが多いのかが分かるので、それに合わせてサイト作りをするなど、意思決定ができるようになります。

2.訪問者がどこから流入したかが分かる「集客」メニュー

集客メニューをチェックすると、訪問者がどこからサイトに訪れたのかが分かります。

「集客」「すべてのトラフィック」「チャネル」の順にクリックすると、訪問者がどこから流入したのか、下記の一覧が表示されます。

Organic Search GoogleやYahooなどで検索して流入
Paid Search 検索後にリスティング広告などをクリックして流入
Direct URLを入力、ブックマークから流入
Referral 他のサイトのリンクから流入
Social TwitterやFacebookなどのSNSから流入
Display バナー広告をクリックして流入
Other その他の流入

3.サイト内でのユーザーの行動が分かる「行動」メニュー

行動メニューでは、サイト内でのユーザーの行動パターンを確認することができます。

「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックすると、サイト内にあるすべてのページのPV数やセッション数などを確認できます。

「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」をクリックすると、ランディングページごとにセッション数などを確認することができます。

ニャン

ランディングページはサイトに流入した時の最初のページだよ!

ワン

どのページがサイトの入口になっているのか分かるね

4.サイトの概要が一目で分かる「ホーム」画面

ホーム画面では上記の3つの項目を含めたサイトの概要が表示されているので、まずはこの画面をチェックするといいでしょう。

ホーム画面を見るだけでも訪問者に関する情報と流入経路に関する情報を確認することができます。そこからもっと詳しく知りたい項目を個別にチェックするといいでしょう。

アサ

私はリアルタイムの概要をよく見ています!

リアルタイムを見ていると、今この瞬間に何人のユーザーがサイトに訪れているのか、どのページが読まれているのかが分かるので、モチベーションが上がります。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

ここからはGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法をご紹介します。サイト運営をしていると、自分のサイトをチェックすることがありますよね。

その時、自分のアクセスがデータとして残ってしまうと、アクセス解析が上手くいかなくなってしまいます。とくに訪問者数が少ないサイトだと影響が大きいですよね。

そこで、自分のアクセスを除外する方法を2つご紹介したいと思います。IPアドレスを指定して除外する方法プラグインを使用して除外する方法です。

IPアドレスを指定して除外する

これは「Googleアナリティクスのフィルター設定」を使用して自分のIPアドレスからのアクセスを除外する方法です。まずは除外するPCのIPアドレスを確認しましょう。

IPアドレスを確認したら、Googleアナリティクスにログインし、「設定」→「ビュー」→「フィルター」→「フィルタを追加」をクリックします。

するとフィルタ情報を入力する画面になるので、「フィルタ名」「フィルタの種類」「フィルタフィールド」「フィルタパターン」を入力します。

フィルタ情報の入力

フィルタ名:名前を付ける。「自分アクセス除外」など何でもいいです。
フィルタの種類:「カスタム」を選択しましょう。
フィルタフィールド:「IPアドレス」を選択しましょう。
フィルタパターン:除外するIPアドレスを入力しましょう。

入力し終えたら一番下にある「保存」をクリックしましょう。これで完了です。

ただし、IPアドレスはずっと同一ではないので、IPアドレスが変わるたびに設定を変更する必要があります。固定IPアドレスサービスを利用していればIPアドレスは変わりません。

プラグインを使用して除外する

これは「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」というプラグインを使用して、ブラウザからのアクセスを除外する方法です。

まずはプラグインをGoogle Chromeにダウンロードしましょう。ダウンロードが完了するとChromeウェブストアのページに遷移するので、ページの右上にある「CHROMEに追加」をクリックしましょう。

すると、メッセージボックスが出てくるので、「拡張機能を追加」をクリックします。これで完了です。この方法はブラウザでアクセスを除外しているので、IPアドレスが変化しても問題ありません。

ただし、このプラグインで除外できるのはPCのみになっています。スマホやタブレットからのアクセスは除外できません。また、複数のブラウザを使用する場合には、それぞれのブラウザでダウンロードする必要があります。

ニャン

どちらの方法にもメリットデメリットがあるよ!

それぞれのメリット・デメリット

【IPアドレスを指定して除外する方法】
メリット:使用しているブラウザに関わらずアクセスを除外できる。
デメリット:IPアドレスが変わると設定を変える必要がある。

【プラグインを使用して除外する方法】
メリット:IPアドレスが変わっても問題なし。設定も楽。
デメリット:対応しているのはPCのみ。スマホやタブレットからのアクセスは除外できない。

まとめ

Googleアナリティクスとは何かを解説するとともに、登録方法、使い方、自分のアクセスを除外する方法をご紹介しました。サイトを運営する上でアクセス解析は欠かせません。まだ導入されていない方は、この機会にぜひ登録してみてください。