【意識して摂りたい】風邪の予防・改善に効果のある栄養素と食材!

風邪の予防には

風邪の予防にはウイルスなどの外敵から身体を守る抵抗力を高めておくことが大事です。

そのためには栄養バランスの取れた食事をすることが大切ですが、その中でも意識して摂取したいのがタンパク質と抗酸化作用のあるビタミンです。

そこでこの記事では、風邪の予防・改善に効果のある栄養素をはじめ、風邪の予防・改善におすすめの食材をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

風邪の予防・改善に効く栄養素

身体を作る原料になるタンパク質

タンパク質は鼻やのどの粘膜を作る原料になります。また、鶏肉などの肉類や大豆に多く含まれるシスチンというアミノ酸は、体内でグルタチオンという物質の材料になります。グルタチオンには免疫を担う細胞の機能低下を防ぎ、抵抗力を高める働きがあります。

抗酸化作用のあるビタミン

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、いずれも体内で発生する有害な活性酸素の働きを防ぐ抗酸化作用があり、グルタチオンと同じように免疫細胞の機能低下を防ぎます。ビタミンAには鼻やのどの粘膜の保護機能を高める働きもあります。

風邪の予防・改善に効く食材

タンパク質が豊富な「鶏ささみ」

鶏ささみにはタンパク質が多く含まれています。鶏肉の中で最もタンパク質の多い部位で、脂肪が少なく、あっさりとしているので、風邪の治りかけに食べるのにもおすすめです。ビタミンCを含む食品や、にんにくなどのビタミンB6を含む食品と食べるとタンパク質の吸収率がアップします。

六大栄養素を含む「納豆」

納豆には健康を維持するために欠かせない栄養素であるタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の六大栄養素がすべて含まれています。風邪の予防には栄養バランスの取れた食事が大事なので、六大栄養素を含む納豆は非常に効果的です。

免疫力を高める効果のある「人参」

人参にはβカロテン、ビタミンA、ビタミンCが多く含まれており、免疫力を高める効果が期待できます。ビタミンAは粘膜を正常に保つ効果があるため、鼻やのどの粘膜を強化することで風邪の予防になります。ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。

のどの炎症や咳を抑える効果のある「大根」

大根に含まれる辛味成分のイソチオシアネートは、のどの炎症を抑え、咳を抑える効果があります。殺菌効果もあるため、風邪の引き始めに良いでしょう。消化酵素も含まれるため、胃腸の働きを助けます。葉や皮にはビタミンCが豊富に含まれているので、風邪予防にも効果的です。

殺菌効果のある「長ねぎ」

ねぎに含まれるアリシンには殺菌効果があり、のどや口の中の風邪ウイルスの繁殖を抑えます。身体を温め代謝を促す効果もあります。ねぎの香りに含まれる成分には身体を温め、発汗を促し、熱を下げる効果があるため、熱が上がった時に食べるのもおすすめです。

体を温める効果のある「生姜」

血液循環が悪くなると抵抗力の低下に繋がるので、血液循環を高める生姜もおすすめです。薬味にしたり汁物に入れるなどして毎日少量ずつ摂りましょう。汁物に入れる時は片栗粉でとろみを付けると更に体が温まり、喉ごしも良くなるので、飲みやすくなります。

ビタミンCが豊富な「ゆず」

ゆずには血流改善効果のある栄養成分「ヘスペリジン」が含まれています。血流が改善することによって体温が上昇し、免疫細胞が活性化するので、風邪予防になります。ゆずにはビタミンCも含まれているので、ウイルスに対する抵抗力も高めてくれます。

まとめ

風邪の予防・改善に効果のある栄養素と食材をご紹介しました。風邪の予防・改善にはバランスの取れた食生活が大事です。その中でもタンパク質と抗酸化作用のあるビタミンは意識して摂取したい栄養素となっています。毎日の食事に取り入れて、日頃から抵抗力を高めておきましょう。